believejapanのブログ

F1や車の事を中心に更新していきます。よろしくお願いします。

ジェイビー ②

koheiです。

 

昨日に引き続き、ジェンソン・バトンについて書いていきます。

ジェンソン・バトンは、愛称、ジェイビーと言われていました。

可愛い愛称です。

 

さて、BARホンダから、ワークスのホンダに変更されましたが、ジェンソン・バトンはホンダに残りました。チームメイトが佐藤琢磨からベテランのルーベンス・バリチェロ(ブラジル)に変更になりました。バリチェロは、前年までフェラーリで過ごしていたドライバーです。

佐藤琢磨は、スーパーアグリへ移籍する。エンジンも2400ccに変更になる。

2006年は、フェラーリシューマッハvsルノーアロンソの世代抗争の時期でした。

前半は、少しづつポイントを重ね、中盤はリタイアが多くみられました。

後半戦の雨のハンガリーGPで自身初の優勝をする。

ホンダとしては、第3期として最初で最後の優勝でした!

この時の感動は、忘れられませんね~!新聞にも載っていて、スクラップした記憶があります。

更に後半は、確実にポイントを重ね、ランキング6位でシーズンを終える。

 

2007年も同じチームメイトで参戦する。この年は、苦戦を強いられる。

エンジンを提供しているスーパーアグリチームにポイントを先に獲得される。

結果、入賞3回でランキングも15位へ。

2007年~2008年にかけ、リーマンショックがある。

そんな中、2008年が開幕するが、シーズン途中で、ホンダエンジンを利用していた、スーパーアグリがF1から撤退する。

f:id:believejapanpower:20210202105100j:plain

バトン

 

2008年のマシンに戦闘力は無く、1度の入賞に留まる。チームメイトは変わらず、バリチェロ。前年を下回るランキング18位。

又、ホンダも不況のあおりを受け、シーズン終了をもってF1からの撤退を発表する。

 

2009年ロス・ブラウンがチームを買収。

ドライバーは引き続き、バトンとバリチェロ

マシンは、基本的にホンダが作ったものを代用し、参戦する。(エンジンは変更しメルセデス

シーズン開幕し、7戦6勝という驚異的な早さを見せる。その後も安定した走りで確実にポイントを獲得する。

フェッテルの追い上げがあったもののこの年のワールドチャンピオンを獲得する。

 

ホンダはチャンピオンを獲得出来る車を格安で(一部では1ポンド)で、ブラウンに渡したというニュースが出ていました。

 

ブラウンは、棚ボタでした。当初は、全くスポンサーもついていなかった白い車は、みるみるスポンサーがついていた記憶があります。

後半は、開発力の低下で追い上げられましたが、逃げ切り初めてのタイトルを獲得しました。その後ブラウンはメルセデスになります。(2010年)

 

振り返ってみると、どん底からのワールドチャンピオンを獲得したジェンソン・バトン!ホンダで諦めていたら、チャンピオンにはなっていなかったと思います。

諦めない大切さを教えてくれています。

f:id:believejapanpower:20210202105201j:plain

富士 バトン

最後までありがとうございました。